李登輝氏「最高の来日だった」 訪日実現に深く感謝

June 9, 2007

http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/070609/chn070609001.htm

李登輝氏「最高の来日だった」 訪日実現に深く感謝

.

 先月30日から来日している台湾の李登輝前総統(84)は9日午前、東京・有楽町の日本外国特派員協会で記者会見し、「これまでの(来日で)最高でした。日本の皆様の支持のたまものです」と訪日実現に深く感謝した。

 一方、李氏の実兄が祀られる東京・九段の靖国神社への参拝が実現したことについて、「家族とともに兄の遺霊に冥福を祈ることができた。一生忘れられない」と満足そうに語った。

  中国外務省が不満を表明していることに関しては、「中国やコリア(韓国、北朝鮮)が(靖国問題を)歴史、政治問題として取り上げるのは、(国内問題を)自 国内処理できないためだ」と指摘。その上で「批判される理由はなく、(戦争で)亡くなった若い人を祀ることは、当たり前のことだ」と激しい口調で訴えた。

 また中国の反発が外務省の報道官レベルにとどまったことに絡み、李氏は「(中国の)指導者は何も言っていない。(報道官が)騒いでいることを(メディアが)大きく取り上げるのは間違いだと思う」とも述べた。

  退任後の李氏の来日は、2001年、04年に続く3回目で、目的は学術・文化交流と念願だった松尾芭蕉の「奥の細道」をたどる私的な家族旅行。「政治活動 はしない」という従来の枠組みは残ったが、22年ぶりに東京への立ち寄りを果たし、7日は靖国神社を個人として参拝した。講演や記者会見も初めて実現し た。李氏は同日夕、中華航空機で帰台の途につく。

(2007/06/09 13:53)

Advertisements
%d bloggers like this: